ミヤマクワガタ

No.178
少年の あの日の思い 運ぶ虫
c0015272_02366.jpg

ミヤマですよ、ミヤマ。
金色(「きんいろ」ではなく、「こんじき」と読んでほしい)の産毛が神々しいです。

洗面所の網戸にとまっているところを捕獲しました。
ノコギリ、オオクワ、コクワは、今まで数々手にしてきましたが、ミヤマは初です。
発見したときは興奮し、寝かかっていた子供たちを起こしてしまいました。
クワガタには時空を超えた魅力がありますね。

ミヤマとは「深山」と書き、山奥を意味し、
暑さと乾燥が苦手で人里におりてくることはあまりないようです。
といっても、我が家は一般的な人里ではありませんが。

野生動物を保護のためには、放してあげたほうがいいでしょうか?
それとも子供たちとワイワイ、虫カゴでの様子を観察するのがいいでしょうか?
ミヤマはオオクワと違い、成虫の越冬はしないそうです。
夏休みの終わりにでも、裏山に逃がしてあげようか、、、。
[PR]

# by gami_no_mori | 2007-06-23 00:30 | 田舎暮らし  

ニューカマー

No.177
楽しみと 心配事が 増えました
c0015272_2342291.jpg

タマヲ(本名:玉男)です。妻が拾ってきました。
前から知り合いだったそうです。

しかしまだ、オッツとは打ち解けていません。
顔を合わせると、お互いに牽制し合っています。
c0015272_240245.jpg

昨日は柿の木での攻防。
下からにらむオッツですが、元来気弱な性格なので、迫力なし。
c0015272_2403790.jpg

野良猫出身のタマヲは百戦錬磨。
ふてぶてしい顔で見下ろしていました。

今後の二人の関係に注目しています。
[PR]

# by gami_no_mori | 2007-06-03 03:00 |  

獲物

No.176
薄暗い 廊下に眠る 影ひとつ
c0015272_050454.jpg

とても安らかに、無理のないポーズで。
目立った外傷もなく、ただ静かに、静かに、、、。
その空間は、時間が止まっているかのようでした。

犯人はもちろん、あの真っ黒な奴。
私たち家族へのプレゼントなのか、ただ褒めてもらいたいだけなのか?
昼寝中の奴に問いただしてはみたものの、、、。
c0015272_0501777.jpg


とても久しぶりの更新になります。
ブログは書かなくても、暮らしは日々続いております。
[PR]

# by gami_no_mori | 2007-05-23 01:04 |  

音楽会

No.175
子供より 観ているこっちが 汗まみれ
c0015272_310279.jpg

今日は「ささのは音楽会」。
子供たちが通う小学校の、秋の行事のひとつです。
各クラス合唱、合奏を1曲ずつ、計2曲を披露します。

4年生の息子はピアノの腕を買われて、
合唱の伴奏に大抜擢(合奏は小太鼓)。
それが決まってからのこの1ヶ月ほど、
やらなければ、、、というプレッシャーと闘い、
押しつぶされそうになりながら練習を続けてきました。

いざ本番。
ステージに上がった表情や仕草から、
緊張しているのが伝わってきます。
早く無事に終わってくれ、、、
祈るような気持ちで観ているこちらも緊張し、汗びっしょり。
そんな私の気持ちなどお構いなしに、
軽やかなイントロのフレーズが流れ出しました。
唄い出しも決まり、中盤まではほぼノーミスです。

しかし曲の後半、唄よりもピアノが2拍前に突っ込んでしまう、
という大ピンチに陥りました。
それでも止まることなく、冷静にもとに戻した息子の度胸とテクニックには感服の一言。
何よりも、息子のピアノが「唄っていた」ことに小さく感動しました。
合唱なのにピアノばかり聴いていた親バカです。

下の写真のような、我が家でのセッションも少しは役立ったのかも。
(私がピアノでメロディー、息子がオルガンで伴奏、娘はアコーディオンでアドリブ)
c0015272_033748.jpg


ちなみに1年生の娘はどうだったかというと、、、
合奏のオルガンはちゃんと弾いていましたが、
合唱のときはほとんど口をつぐんでいました。
後でそのことを娘に問うと、歌詞が覚えられなかった、と、、、。

がみの森
[PR]

# by gami_no_mori | 2006-11-19 03:09 | 小話  

七五三

No.174
母も着た 振り袖濡れる 宮参り
c0015272_227155.jpg

仕事にうつつを抜かしていたら、いつの間にか娘の七五三。
おばあちゃんが自分の娘(つまり私の妻)が着ていた晴れ着を持参してきて泊まり込み、
女三世代が気合いを入れて朝から着付けに出掛けてました。

息子と私の男チームは、準備が整った頃に合流し、大雨の降りしきる中、
木更津駅近くの八剱八幡神社へと、いざお参りに。
こんなお天気なのに、結構な人出なのにはビックリしました。
c0015272_2285484.jpg

冬でもビーチサンダルでフラフラしている娘も、髪を結い、紅をひくとそれなりのお嬢さんになるものです。
そんな娘の晴れ姿に見蕩れながら、なぜか「ミトコンドリア」という言葉が浮かびました。
細胞核のDNAと違い、母親の遺伝子のみを引き継ぐミトコンドリアDNA。

その遺伝的な先天性に、今回のような経験が混ぜ合わされた結果、
「女性」というものは代々引き継がれ、形作られていくのでしょうか。
ちっぽけな男どもが、太刀打ちできないのは仕方ないのかも、、、。


がみの森
[PR]

# by gami_no_mori | 2006-11-12 00:21 | 小話  

野生化

No.173
虫を食べ ネズミも食べて ひと休み
c0015272_23512453.jpg

オッツとの生活も、気付けば1年が過ぎていました。
先日、予防接種のため掛かり付けの獣医さんに見せたところ、「野生化してきていますね」と一言。
思い返せばこの頃、ハエやカマキリ、バッタなどの虫たちを、何の躊躇いもなく食する姿を見かけます。
妻からは、オッツの吐瀉物からネズミの半身が混ざっていたという刺激的な話も。
(ネズミの尻尾が喉に引っ掛かって苦しかったようです)

一日の大半は裏山を駆け巡っているオッツ。
いつか山猫へと進化してしまうのではないかと、ちょっと心配しています。

がみの森
[PR]

# by gami_no_mori | 2006-10-26 00:07 |  

秋深し

No.172
病床で 秋の深まり 思い知る
c0015272_2322471.jpg

風邪で2日寝込みました。
毎年恒例、仲井戸麗市さんバースディライブにも、数年ぶりに欠席してしまいました。
仕事も一日休んでしまいました。
長雨が終わり爽やかなお天気になった途端、気候が変わったせいか、やられてしまったようです。
いきなり乾燥したからでしょうか、、、。

まだフラフラしています。
外は、秋深まる、といった様相です。

がみの森
[PR]

# by gami_no_mori | 2006-10-11 23:12 | 田舎暮らし  

ニンテンドーDS

No.171
うつむいて コミュニケーション 指先で
c0015272_0314380.jpg

なぜか年明け頃から世間を賑わしているニンテンドーDS。
そんなもの自分には関係ないよ、と狂乱している様子を見下していました。
ゲーマーになりつつある息子に聞いても、持ってる友達はいるけど、僕は別に欲しくない、
と言っていたので、最近は取り立てて気に留めることもありませんでした。

しかし先月末、キラーソフトが発売になりました。
ポケモン新シリーズ、「ポケットモンスター(ダイアモンド、パール)」です。

ポケモン発売の数日前、息子がポツリ言いました。
「みんなDS持ってるんだよね、、、。僕の持ってるアドバンス(DSの前身のニンテンドーの携帯ゲーム機)は、
もう古いってさ。みんなそういうんだよ、、。
でさ、DS買いたいな、って思うんだけどさ、16800円するんだって。今、僕はそんなにお金持ってないんだ。
これからお小遣い貯めてもさ、1週間で200円でしょ、だから1ヶ月で1000円くらいでしょ?
1年は12ヶ月だから、、、1年経ってもまだ足りないんだ、、、。
今度ポケモンの新しいのが出るんだ、、、。友達は予約したんだってさ、、、。」

こんなやりとりで買ってあげた私を親バカと言って下さい(娘の分も買わない訳にはいかないので2倍)。
ハッキリ、DS買って、と言い出せない息子がいじらしく思え、
つい、買ってやるよ、と言ってしまったのでした。

しかし、いざ買おうと思っても極度の品薄。
ニンテンドーの策略か、悪徳な転売屋のせいか分かりませんが、
お店へ行っても、ネットショップを巡っても、売り切ればかり。
半ば諦めかけていたポケモン発売の前日、自称DSマニアの「Kの子分」さんから電話で、
「今トイザラスのオンラインショップでDS売ってます!!」という朗報が。
無事に本体2台、ソフトも買うことが出来ました。Kの子分さん、感謝してます。

今でもヤフーオークションでは、定価以上の高値で取引されている模様(本体もソフトも)。
オークションが広まってからというもの、こういった露骨な転売が目につきます。
買う人々がいるから売りさばく人々もいる、ということなのでしょうが、
オークションバブルとも言えるこの状態はどうなのかと、、、。

たかがゲーム機と馬鹿にしていましたが、
我が家のAirMacを経由して、見知らぬ人とポケモンを交換している息子を見て、
うーん、ちょっと凄いかも、と驚いています。
子供が無言で行う、指先だけのコミュニケーションは、少し淋しい気もしますが、、、。

がみの森
[PR]

# by gami_no_mori | 2006-10-08 01:35 | 小話  

長雨

No.170
雨止まず 外へ出られず オーンと鳴く
c0015272_13395935.jpg

昨夜から激しい雨が続いています。
午後からは、かなり風も出てきました。

梅雨の時期、この秋と、今年は何だかスッキリしないお天気が多い気がします。
このまま降り続くと、裏山の崩壊が心配でなりません。
ここは「急傾斜地崩壊危険区域」に含まれていますので、、、。
避難勧告なんて出たら面倒だな、、。

がみの森
[PR]

# by gami_no_mori | 2006-10-06 13:44 | 田舎暮らし  

命を考える

No.169
クロネコさん カエルくわえて なに思う
c0015272_15525956.jpg

スズメバチ退治をしてからというもの、ヒトと他の動物との関係について、もの思いにふけるこの頃。
命とは?、という哲学的な考えにハマっています。

少し前になりますが、ネットや週刊誌などを賑わせた、直木賞作家の坂東眞砂子さんによる、
「産まれた子猫を崖から捨てて始末している」という事件がありました。
世間の評価としては、酷いことだ、という声が大勢を占めていたと思います。
子猫を産ませて面倒をみられないならば、避妊手術をしてコントロールするべきだ、
といった有識者と思われる方々の意見も見聞きしました。

このニュースを初めて聞いた時、私は坂東さんの行動を擁護する立場でした。
産まれた子猫を捨てるのでなく、自分の手で始末する、責任ある行動に思えたのです。
不幸な野良猫が減ることになるので、そんなに悪いことではないのでは?と。
(彼女自身がそれ相応の痛みを伴いながら、行っていると仮定しての話ですが。)

我が家にも写真のような飼い猫(オス)がいます。
悩み抜いた上、半年ほど前に避妊手術をしました。
私の知らない何処かで、不幸な子猫が産まれる可能性をなくそうと思ったから。
でも今になり、そういう考えは間違いではなかったか、、、と思い始めています。

動物の避妊手術は、いったい誰の為にすることなのでしょう?
手術を受けさせられる動物たちが望んでいるとは到底思えません。
術後は性格が穏やかになり、ケンカも減るので長生きする、と言われる方もいますが、
だからといって、動物自身がそれを望んでいるのでしょうか。
これを自分に置き換えて、去勢すれば100歳まで安全に生きられるから、と迫られても、
寿命は短くていいからこのままにしてくれ、と言います。間違いなく、そう言います。

避妊手術は飼い主(ヒト)のためにする、と、私は考えます。
野良犬、野良猫が増えて困るのは彼らではなく、ヒトたち。
やせ細った野良犬や、病気で顔がグシュグシュになった野良猫たちを、
かわいそうな存在、という見方もあるでしょう。
そんな犬猫たちを少しでも減らすために、避妊手術は必要なことだ、という意見もあります。
でも彼らは、かわいそうなだけの存在なのでしょうか?

もしかしたら、そんな状態でも何か楽しみがあり、生きているのかも。
これも愚かなヒト的発想で、感情などなく、ただ生き続けること、それだけなのかも、、。
避妊手術を受けた動物が、「お世話になった、ありがとう。これで安心して暮らせるよ」と、
お礼を言ったという話は聞きません。
そんな彼らに対して、安易に「かわいそうだから」で片付けるのは、傲慢すぎやしませんか?
ヒト社会のため、彼らには去勢してもらおう、そう言ってもらった方が、私には理解しやすいです。

あれこれ考えた結果、現時点では、坂東さんの行動は間違いである、と私は思います。
しかし避妊手術をして命をコントロールすることが正しい、というのも納得しかねます。
どんな状況であれ、命が存続することのほうが尊いのではないか、、、そんな思いを消せません。

命って一体なんなのでしょう。
20年近く、ことあるごとに考えていますが、未だハッキリとした答えが見つからないでいます。
読んでくれた方、まとまりを欠いた文章になっていることをお許し下さい。
難しくてよく分からないのです。誰か私を導いてくれる人はいませんか?

がみの森
[PR]

# by gami_no_mori | 2006-10-05 03:58 |